GIMPでイラストを描こう

GIMPでイラストを描く方法について説明する。
ここでは,「アニメ塗り」や「ギャルゲ塗り」と呼ばれている塗り方を紹介する。

  目次

線画を用意する

GIMPで線画を用意する方法は,次のような物がある。

ここでは,最後の方法について説明する。 「Inkscpaeでイラストを描こう - 強弱のない線画完成」 で作成した線画を使う。


Inkscape

GIMP
Inkscapeで「ファイル」→「ビットマップにエクスポート」を適応し,線画をpngで出力する。
「ビットマップサイズ」のdpi値で画像サイズが変化する。
gimpで線画ファイルを読み込む。

線画のレイヤ名を「線画」にし,白色のレイヤ「白」を追加する。 作業しやすくするために,メニューの「画像」→「キャンバスサイズの変更」で,キャンバスの大きさを適当に変更する。

以上の操作を行うと,線画を使う準備ができる。

色塗り

パスの作成

絵の中の同じ色で塗る部分は,ひとまとめにした方が便利だ。

これを行うには,「塗る色毎にレイヤーを分ける」「選択範囲をパスで保存する」などのやり方がある。 ここでは後者の方法を説明する。

まずは,ファジー選択ツールを使って,選択範囲を作る。

この時,アンチエイリアスが選択範囲に含まれていないなら,メニューの「選択」→「選択範囲を拡大」で選択範囲を1ピクセル拡大する。

細かい部分はクイックマスクなどで修正する。
選択範囲ができたら,パスウインドウで,選択範囲を保存する。

このやり方は,「GIMPの使い方 - 選択範囲の保存」で説明した通りだ。
パスウインドウのボタンを押すと,選択範囲がパスとして保存される。

保存ができたらパス名を解りやすい名前(ここでは「髪」)に変更する。
上記の操作を繰り返して,全身の選択領域を保存する。

色を塗ったり陰をつけたりするときは,ここで保存した選択範囲を活用すると作業が楽になる。

パスを選択範囲に戻すには,パスウインドウのボタンを押す。

基となる色を塗る

基となる色を塗っていこう。

はじめに,透明なレイヤを2つ作り,名前を「基となる色」「パレット」にする。

「基となる色」レイヤ上で,先程作った選択範囲毎に色を塗る。
「パレット」レイヤは,その時の色をメモするために使う。
「基となる色」レイヤ上で,全身を塗ると左のようになる。

左部の水色の部分は,パレットレイヤだ。 このように塗った色をメモしておくと,何かと便利になる。
色を選ぶときは,三角形パレットを使うと選びやすい。

しかし,ここでの色はあとから変更できるので,多少イメージとずれていても構わない。

色選びに悩むとキリがないので,適当に選ぼう。

陰をつける


陰をつけていこう。

まずは,パレットレイヤに次の2色を追加する。
  • 濃い灰色「H:0 S:0 V:30」
  • 薄い灰色「H:0 S:0 V:70」
陰はこの2色だけで塗る。
新しいレイヤを作り,名前を「陰」,モードを「乗算」にする。

このレイヤ上で,陰を塗っていく。
保存した選択範囲を活用しつつ,ブラシツールで,陰をつけていく。

この段階では,左のように,大雑把に描いていけばいい。 (「基となる色」レイヤは非表示)
にじみツールを使って,陰の形を整えると,上のようになる。

陰付けは,これで終わり。

ギャルゲ塗り1:髪

ここでは,アニメ塗りをちょっと豪華に見せて,ギャルゲ塗りっぽくする方法を説明する。

これに関しては,次のメイキングを大変参考にさせていただきました。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=9384520


まず,新しくレイヤを作り,名前を「加算グラデーション」,モードを「加算」に変更する。

ここでは,例として髪を塗る。

まず,「基となる色」レイヤで塗った髪の色をスポイトで選択し, 三角形パレットを寒色方向へ90度以下回転して色を選ぶ。

この場合,基となる色が橙色なので,回転して選んだ色は紫色となる。 しかしこの紫色を直接使うわけではない。

選択した紫色のパラメータを調節する。

ここで次の2色を作る。
暗色「H:そのまま S:50 V:30」
明色「H:そのまま S:50 V:70」

モード:標準

モード:加算
描画色/背景色を,さきほど作成した暗色と明色にする。

グラデーションツールを使って髪にグラデーションをかけると左のようになる。
色が良くない場合は,トーンカーブで色を調節する。

ここでは,グラデーションが強すぎると思ったので,コントラストを下げてみた。


SAIの発光レイヤと異なり,GIMPの加算レイヤでは, 色の選択がうまくいかない場合が多い。
そのような場合の対処として次の方法がある。

イメージとかけ離れた色になった
色相環の回転する向きを逆にする。
または,基となる色をトーンカーブで調節する。
暗色/明色が濃い
色を作るときに,S値を下げる
暗色/明色が薄い
色を作るときに,S値を上げる。
もしくは,基となる色を濃くする。
なんとなく色が違う
トーンカーブ,レベル等で調節する。
真っ白になった
基となる色を暗くし,暗色/明色をほぼ黒色にする。
次節で詳しく説明する。

ギャルゲ塗り2:肌

肌などの薄い色に加算グラデーションをつけるときは,注意が必要だ。

GIMPの加算処理というのは,RGB値をそのまま加算するだけの処理だ。 そのため,ほとんど白色の部分に,上記のやり方でグラデーションをかけると, オーバーフローして真っ白になってしまう。
これを防ぐためには,基となる色をやや暗くし,加算グラデーションをほぼ黒色に近い色で 塗ればいい。

このやり方を説明する。

まず,肌色の「基となる色」が明るすぎるので,やや暗くしよう。

陰の中から良さそうな色をスポイトで選び,「基となる色」レイヤの肌色を塗り替える。
次に,グラデーションの色を決めよう。

前節と同様に色相環を回して色を作るが,パラメータの調節が異なる。 ここでは次の2色を使う。
暗色「H:そのまま S: 0 V: 0」(つまり黒)
明色「H:そのまま S:50 V:20」
グラデーションをかけると左のようになる。

真っ白にならず,肌の色が出来ている。 (ただし赤みが強いので,後で調節する)

仕上げ

目を描く

目を描くために,「目」レイヤと「白目」「ひとみ」パスを作る。

これにより目が描きやすくなる。
「目」レイヤ上で目を描く。

今回もかなりシンプルな塗り方にした。

色を調節する

色合いを調節しよう。

肌の赤みが強すぎる気がしたので,抑えることにした。

「加算グラデーション」レイヤで肌全体を選択し,トーンカーブで色合いを調節した。

トーンカーブの実行結果を次に示す。

ハイライトを入れる

ハイライトを描くために新しくレイヤを作り,名前を「ハイライト」にする。
陰の場合と同様に,ブラシツールで大雑把に白色を塗る。
にじみツールで伸ばし,形を整えればOK。

エクスポート

WEB用の出力画像を作ろう。

ここで一度,xcf形式で保存してから後述の作業にかかってほしい。

まず,切り抜きツールで不要な部分を切り落とす。
次に,塗ムラを目立たせなくするために,画像を縮小しよう。

メニューの「画像」→「画像の拡大縮小」で,画像を80%〜70%程縮小する。
(大きい画像で描いた場合は,もっと小さくする)
メニューの「ファイル」→「名前をつけて保存」で,保存ウインドウを起動する。

このウインドウの「名前(N):」に「girl.png」(拡張子まで書くこと)と書いて保存ボタンをクリックする。

すると,フォルダ内にpngファイルが出力される。
完成した画像は左のようになった。

グロー効果
ちょっとした工夫としては,出力直前にグローやディフュージョンを付けると,よりアニメ塗りっぽくなる。

これらのやり方としては,下記のメイキング等が参考になる。

inserted by FC2 system